オーボエに隠された多くの特徴と魅力をご紹介!

オーボエの難易度とは?

オーボエは世界で一番演奏することが難しい木管楽器とされており、美しい音色を奏でるのは並大抵のことではありません。しかしオーケストラのレベルを測る物差しともいえる重要な役割を担っていて、マスターし甲斐のある楽器となっています。

オーボエは何故難しいの?

オーボエが難しい要因として、楽器の構造があげられます。オーボエは上へ向かえば向かう程息の通りが悪くなる構造を持っています。加えて狭いリードとリードの間に上手く息を入れなければ音を出すことができません。美しい音色を出すにはかなりの圧力が必要で、胸が苦しくなってしまうのが特徴です。さらに安定した音を出すのが難しく、マスターするまでは不安定な音が不意に出てしまうこともあります。しかし個性的な音色を持つオーボエは演奏に欠かすことのできない楽器であり、確固たる地位を築いています。練習を重ね正しい音色を奏でることができるようになった際の喜びは計り知れません。

オーボエの音色の魅力とは?

オーボエの音色は独特で、派手ではないものの聴く人の心に安らぎを与えます。そして優しくゆったりとした柔らかな音色が人々を魅了させます。また軽やかな音を出すことができるため、音楽を華やかなものにするのが特徴です。その為オーケストラではソロパートを演奏する機会も多々設けられており、主役の座を射止めることも夢ではありません。オーボエは演奏する人だけでなく聴く人の心をわしづかみにする楽器です。さらに木でできたボディー上に施される多くの金属キーは外見でも見る人を惹きつけます。

オーボエとは、木管楽器の一種です。上下に重なった二枚のリードを持つことからダブルリード楽器といわれます。外見はクラリネットと非常によく似ていますが、クラリネットは吹く際に口を付ける部分が太いです。