知ってる人だけ得をする!?車検を安く受けるために必要なマメ知識

まずは車検の流れから正しく理解しよう

多くの人はディーラーや整備工場などに車検を依頼しているかと思います。しかし、車検がはじめてだという方も中にはいらっしゃるでしょう。そんな方の為にまずは車検の流れからご紹介します。おおまかに言うと、まずは店舗に行って見積もりを出してもらい、日時を予約、そして指定した日時に依頼した店舗に入庫し車検を実施するといった流れとなります。料金は車の引き取り時清算することがほとんどでしょう。この一連の流れを経て、新たに2年間の公道での走行が許可されるのです。

より安く受けるためにはこの手順を追加するべき!

先程ご紹介した流れで問題なく車検を受けることは可能ですが、できるだけ費用を抑えたいという方も多いでしょう。そういった時は、まずはインターネットから基本料金の安い業者を複数見つけるところからはじめることをおすすめします。安い業者が複数見つかれば実車を見てもらっての見積もりを依頼してみてください。これを行う理由は、業者側も実車を見てからの見積もりを行ってからでないと実際にかかる費用は正確に算出できないからです。そうやって最安の業者を見つけ出した後に値引き交渉を行ってみましょう。多くの業者は顧客獲得に力を入れていますので多少の値引きには応じてくれるはずです。

ユーザー車検が最安値!?

時間に余裕のある方は、”ユーザー車検”が一番おすすめです。ユーザー車検は法定費用しかかかりませんので、業者に依頼するよりもはるかに安く車検を受けることが可能になります。しかし費用が安く済む分、手間は業者に依頼した場合より数倍はかかってきます。それでも安く車検を受けたいという方はユーザー車検を検討するのも有りかもしれません。

車検を軽自動車で受けたときかかる費用というのは普通自動車の場合と比べて約半分。とはいえ2年に一度10万円近くの金額がかかるためけっこうな負担がかかります。