車検費用を安く済ませたいのであれば、普段からの点検整備が不可欠

車検とはどのようなものなのか

車を所有し運転しているのであれば、定期的に車を検査しなければなりません。これを車検と言います。車検は、2年ごとに1度は受けなければならないものであり、これに合格しなければ、その車に乗って公道を走行することはできません。車の維持費のなかで車検費用は大きな額を占めます。車検とは、必ずしなければならず、また時期も決まっているため、車検に向けて貯金をコツコツしている人もいるのではないでしょうか。

車検の費用と普段のメンテナンスとの関係

車をディーラーなどで購入すれば、車検のみならず点検の知らせなども来ます。この点検を半年ごと、あるいは走行距離ごとに行っているのであれば、車検に際しても、思いがけない費用がかさむ心配がない場合が多く安心です。反対に、普段から定期点検どころか何らの点検すらしない人であれば、強制検査である車検の際に、車検費用が高額になってしまう可能性があります。点検や整備にかかる費用をケチる人もいますが、しなければならない整備は省かないほうがよいです。なぜなら、自己の命がかかわることですから、最低限の整備くらいはしておきたいところです。車検の費用とは一体どのくらいかかるものなのでしょうか。最低料金として、自動車重量税、検査手数料、自賠責保険の料金、印紙代は、必ず支払わなければなりません。そのほか、車検整備と称される整備費用が必要なのですが、この費用が店によって大きく変わってきます。ガソリンスタンドや車検専門店で車検をすれば、費用が安くなります。安く済ませたい場合には、こうした店舗を選択することもアリですが、普段からの点検を怠っているような人にはオススメできかねます。

車検の費用は「自動車検査法定費用」と「点検整備費用」に分けられます。前者は重量税や自賠責保険料、検査登録印紙代などを指し、後者は車検業者に支払う車検にかかった工賃や部品代を指します。